Category Archives: 理事長ブログ

父について

父について
私の父親について、小さいときの記憶がありません。小学校に入ったら、そこの小学校の教師をしていたのです。あだ名が「ごりら」だと知ったのは学校に入ってからです。体型や顔貌がどことなく類人猿に似ていたからだと思われます。私もその遺伝子を受け継いだと思っています。父は私が小学4年生になる時に移動していきました。それまでの父は、けっこうな遊び人で、他の家でなかなかやらなかったこと(ストーブ、テーブルなど)を家に導入し、けっこう喜んでおりました。いろり、こたつが主流だった当時の家の暖をとる形に、薪ストーブを入れたのです。また、食事はお膳が主流だった時に、自分で作った丸いテーブルでの食事になりました。また、映画やパチンコ(当時、村にも映画館やパチンコ店がありました。残念ながら食堂はありませんでした。)もやっていたようです。

私は父にあまり叱られたりしたことはなかったのですが、一つだけ強力に記憶に残っていることがあります。私が小学1年生の時、小学校の高学年を中心とした万引き集団が作られ、私も入りました(自分から入ったのか誘われたのかはよく覚えていません。)。村にある小さな3軒ほどの駄菓子屋を標的にして行われました。ある時一網打尽につかまったのです。父としてみれば、同じ学校の教師である自分の息子がその中に入っていたのはショックだったと思います。毎晩のように我が家に万引き集団の保護者が集まり、いくら盗ったかとか、弁償のこと、どうやって謝るか等の話し合いだったようでした。 ある日、保護者たちが私たちを連れて、その店に謝りにいきました。みんな並び、父は家の真ん中のいろりのそばに座っていました。一人ずつ謝るのです。私の右となりの小学3年生が最初に謝り始めました。しかし、その声が絞り出すような声になっていたのです。私は思わずプッと吹き出してしまったのです(本当に不謹慎きわまりなかったのです。)。その次の瞬間、父はいろりにあった鉄の火箸で、私の手を思いっきり(のように感じました)たたいたのです。私はあまりの痛さに泣きました。泣きながら謝ったのです。その後、その時の父の怒りと父の恥ずかしさが、その火箸に込められたのだと思うようになりました。それ以降、私はそうしたことに手を染めたことはありません。学生時代にいろいろな人に遊び半分だとは思うのですが、万引きの話を聞いたりしましたが、私は全く出来ませんでした。そうして生きてきた自分は、父の想いが込められたあの火箸に感謝しています。その火箸がなくても多くの人は万引きなどしないと思うのですが……。その後、父が亡くなるまで、一緒に飲んだ時でも一度もそのことについて聞いたことはありません。父も何にも語らず逝ってしまいました。

父は、私が小学4年生の時から他の学校に移動(39歳でしたが教頭として赴任)した時から、父の生活はがらりと変わりました。ほとんど学校に入り浸りで、「ことば」の教育に心血を注いだようです。遠藤熊吉先生が、郷里に「ことば」の教育を導入し、「共通語教育」として実践されたものを、その後輩の先生方が育てていたのでした。その学校(西成瀬小学校=父が亡くなった年に廃校となりました。)に移動し恐るべき感化を受け、父の生涯の原点となったのです。しかし、文部省や教育委員会との軋轢(文部省があまり推奨しない学校の教科書を使ったりした。)などの中で、その後、万年教頭で退職まで過ごしました。私は父に「それは勲章(変ですが)でしょう。」とよく言ったものです。
父はガリ版きり(もう死語となりましたが)が上手(書道の先生でもありましたので)で、学校便りをガリきりで退職するまで続けました。その学校便りをまとめ、自分が亡くなる数ヶ月前に出版しました。そこには当時の学校の状況が本当にリアルに表されています。「野の学校の歩み」です。子どもたちの作文やら学校の状況など、また教育の内容などもつぶさに感じられるものとなっています。
母は、長期入院していた病院で見舞いにいった私を屋上に連れ出し、「あまり父さんに心配かけるな」と言ったのを覚えています。ちょうど、私の沖縄行きが決まっていて(結局は行かなかったのですが)そのことを言ったのだと思います。その年の12月に母は亡くなり(51才)、心配だけさせてしまった思いがあります。父は老いてからよく一緒に飲む機会や、一緒に旅する機会もあり、それなりに父の喜ぶ顔が見られたと思っています。
父の生涯は多くのことがあったに違いないのですが、一本の筋が通っていたのではないかと思っています。

恩師

私の生まれ育った村は、秋田県東成瀬村で、小学校・中学校は田子内(たごない=正式な読み方かはわかりませんがアイヌ語からきたということを聞いたことがあります。)にありました。小学校時代の自分は本当に生意気で、他の人の気持を考えることが難しい子どもでした。今から思うと、みんなに嫌われていたに違いないと思っています。同じメンバーでそのまま同一敷地内にあった中学校に進みました。その時、受け持ってくれた担任の先生が佐々木克郎先生でした。私はこの先生にどれだけ助けられたか分かりません。佐々木克郎先生は、専門が地学で、理科と数学を教えてくれました。2年間受け持ってくれましたが、2年生の時のクラスのみんなは、克郎先生が大好きになり、その信頼は大きかったと思います。私は中学1年の3学期、大きな病気をし52日間入院し、3学期は全休しました。2年生になった時、全休した3学期の勉強できなかったことを個別に教えていただきました。小学校時代のまだ人の気持ちをなかなか考えることのできなかった私を、よく我慢して教えてくれたと感謝しております。2年生の最後に先生が他の学校に赴任していくことが分かり、クラスのみんなは怒りました。見捨てていくんだな!という気分に多くの生徒たちは考えたと思うのですが、しだいに先生をしっかり送ってやろうということになり、皆で少しずつお金を持ちより、ワイシャツをプレゼントしました(もう60年近く前のことですので記憶が定かではないかもしれません。)。このように、クラスの生徒の心をしっかりつかむ(きっとつかもうと思ったのではなく)ことが出来たのは、克郎先生の人間性だったと思っております。

その後、42才・60才などの同級会に克郎先生が呼ばれたのは、克郎先生への中学時代の生徒の気持が長く継続してきた証なのではないでしょうか。こうした同級会を契機に先生が退職された後から現在まで、私は個人的におつき合いさせていただいております。もう80才を越えられたのにその旺盛な好奇心、読書力には深く感銘いたします。さらにホタルを増やす活動もされていて、「ホタルを増やすにはホタルだけではなく多くの生物が増えていくことが必要だ」という克郎先生のことばに心打たれました。

私が小学時代の自分から少しでも成長出来たとしたら、克郎先生にお会いできたこと、そして克郎先生のもとでの同級生の力が大きかったと思っています。克郎先生は、今でも畑仕事や読書、ホタルの活動と活発に取り組んでおられます。いつまでも健康でおられること強く願っています。

昨年(2018)12月から新学期(2019)4月を迎えて

昨年12月から今年4月まで、あまりの忙しさにブログを更新できませんでした。お詫びいたします。

昨年、2018年12月に社会福祉法人グリーンローズ公益事業として診療所が「オリブ園こども発達クリニック」として開院しました。この事業の認可及び開院のための増築などを含めて、おおよそ2年8ヶ月の時間を費やしました。新しい試みであるため、県の方々の多くのご尽力がありました。この試みの目標を大きく挙げますと、①心配のある子どもさんやその保護者がすみやかに支援を受けられるようにということ(保護者の方々ができるだけワンストップ〈=複数の用事を1ヶ所で済ませられること〉で支援を受けられるように)、②支援のある場所で医療と支援が連携すること、③支援を必要とする子どもさんの医療受診の困難さを軽減すること、などです。これが軌道に乗るまでは時間が必要と思っています。この4ヶ月の間少しずつ患者さんの数も増えてきています。「連携」ということばは便利なことばですが、曖昧です。どのような連携が必要かまだ未知のこともあります。新しい試みのため、私たちも手探りではあります。週1回は医療と支援部・相談部との合同会議を開いています。子どもさんとご家族の最善の利益を求めて今後も努めていきたいと思っております。

2019年3月には、30名の卒園児を送りました。卒園式は16名の参加で、しっかりと卒園証書を受け取りました。その後のお楽しみ会も楽しいものになりました。元気に学校に通ってもらいたいと願っております。

新学期を迎えました。在籍102名からの開始です。元気に子育てできるよう、子どもたちが楽しんで参加できるよう、職員一同努めるつもりです。

診療所開設について

かつて(昭和39年1964年)片桐格先生が渡米し、そこで支援と医療の密接な連携の姿を見て、日本が大きく立ち後れていることなど、大きな示唆を受けてきたことは、当時についての沿革に書かれています。そうした中で、私は片桐格先生の渡米にまつわる様々なお話を聞き、グリーンローズに引き入れてもらいました。

子どもたちとともに歩む中に、学生のボランティアの方々が多く訪れてくれました。

その中に医学部の学生もおられ、やがて医師となって社会に出、その後も交流を続け、友人となった方もおります。確かに社会は開かれ、医療も身近になったと思います。しかし、支援・教育と医療の密接な連携とはどのようなことなのかについて明らかにしてくれているところはほとんどないといって過言ではないと思います。これから支援・教育と医療の連携は具体的に求められていると思います。

現在、社会的に見ると、「発達障害」といわれる子どもたちの増加が声高に言われています。しかし、支援までの行程はけっこう煩雑さがみられます。また、専門医療機関は「待ち」が長く「3ヶ月待ち」などと言われています。子どもはあっという間にその時を成長していきます。速やかな相談・支援は必須であると痛感しています。そのことに少しでも資することができればと願っています。

長い行程を経て、今、オリブ園内診療所を公益事業として行うことが認可されました。

これは画期的なことであり、行政他多くの方々の理解の賜物と考えています。

弱小の法人ではありますが、やらなければならないこと、やるに値することのために踏ん張ることは、民間の力だと考えています。どのような姿になるかはまだ未知の部分が多くあります。それ故にこそ挑戦する意味があると思っています。

それ以前にお知らせするつもりでおりますが、開院は平成30年12月1日を予定しております。