Category Archives: 理事長ブログ

新型コロナのいる世界

新型コロナウイルスの席巻は、この世界を変えようとするかのようです。社会の人間の出会い方すべてを変えようとしているかのようです。対策として出されている「密閉・密集・密接への禁止」など、人間の生き方そのものにかかわってくるのではないでしょうか。武漢発新型コロナウイルスは、明らかに今の人間の生活に適合した感染の仕方のように思われます。感染した相手を、時には死に至らしめるのに、一方では不顕性で症状もなく、他の人間に感染していくという恐るべき性質をもっていると思われます。これは新たな脅威とも言えると思います。これまでの世界史が物語るように、強毒性のものであれば激しく闘わなければならず、多くの犠牲者を出しながら収束していきました。今回の新型コロナウイルスもまたそのようになるのでしょうか。最近起きた、サーズ(SARS 2002~2003年 終息宣言2003年7月)、新型インフルエンザ(2009年 終息宣言2010年8月)、マーズ(MERS 2012〜現在 終息宣言が出ていない)、等なんとか乗り越えてきた経緯があります。しかし今回の新型コロナほど世界を巻き込んだのは、スペインかぜ(1918〜1920年)以来ではないでしょうか。

世界は大きく変わりつつあります。あらゆる場面でのグローバル化の人間の活動を抑えているかのようです。人類が発生したといわれるアフリカ熱帯地方の気候は、あらゆる生物が、微生物も含めて複雑に共生しあい、人間が道具をもち、補食の最上位になっても人間のみの増加は抑えられたといわれています。人間がアフリカを出て移った温帯地方は、非常に単純な世界で、気候からの防衛・道具の発明等により、一気に人口増加が起き、あらゆる大型補食獣の絶滅が起き、人間世界となっていった、と(「疫病と世界史」ウィリアム・H・マクニール)。しかし、時に、目に見えない微生物群・ウイルス群などの襲来は、人間にとっての大きな脅威でした。科学の進歩は見えないものを見えるようにし、対策を考え、発明し、あたかも自然をコントロールできるという不遜さまで突き進んできたように思います。しかし、自然の力はまだまだ人間の遠く及ぶところではないと考えるべきではないかと思います。

イタリアで苦闘している方々には申し訳ないのですが、ヴェネツィアの海が美しく真っ青になった風景が新聞に載ったのを見ました。世界中、人間の外出自粛が長く続くと、世界は美しくなるのでしょうか?新型コロナは、日々の生活のみならず、政治や企業にまで見直しを迫っているのではないでしょうか。そして、終息宣言が出る日が来た暁には、世界はどのようになっているのでしょうか?

アウシュビッツから生還したプリーモ・レーヴィが、ロシア軍によって解放された時には、全く歓喜など無く、むしろ恥辱が残ったと「溺れるものと救われるもの」の中に書いています。また、あれほどの極悪非道の環境のアウシュビッツの中での自死は少なく、解放された後の自死が多い、ということも書いています。彼もまた「溺れるものと救われるもの」を書いた翌年、自死しています。新型コロナのいない世界を、歓喜で迎えることはないに違いないと、私は予感しています。

新型コロナによって倒れられた方々には、深い哀悼の想いを持っています。数ではないひとりひとりの人生が、そこにあるからです。いつか、新型コロナのいない世界がやって来るに違いありません。それは近い将来か遠い将来かは分かりません。その時、私たちはどのようになっているのでしょうか?「全員団結して新型コロナに克とう」などというかけ声は聞きたくありません。それは多分、新型コロナがいなくなった後の世界が、今と全く変わらない地続きの世界だと想像できるからです。大きな困難に違いないのですが、今この時、私たちの見る目や感ずる心を変えていかなければならないと思っています。そして、それはコロナと一緒にいる間に行われるべきだと思うのです。世界が変わることが求められていると、今、思うからです。

夜のワンちゃんとの散歩(ベテルギュウス)

我が家のワンちゃんは、社会性が無く、他のワンちゃんをみると吠えかかるため、他のワンちゃんが散歩していない夜に散歩することにしています。天気の良い夜には、星空が見え、自分が古い時代の人間に帰ったような気持になります。というのは、夜空の多くの星たち(恒星)は、空に張り付いているように感じてしまいます。張り付いた空が回っているように感ずるのは、人間として当たり前の感覚のように思います。しかし、中に張り付いていない結構明るい星があります。金星や木星、土星など、そして月です。そのような手がかりの中から天空の姿や論理を解明した過去の人々の偉業はすばらしいと思っております。

中学生の時のことです。冬の夜空を天体望遠鏡で見るために、科学クラブの先生の招集のもと、2.6kmの夜道を歩いて学校に出かけました。夜空は晴れており、満天の星空が空にありました。その中で、ひときわ目立つオリオン座があり、その三ツ星の斜め下にオリオン座大星雲がある、ということで、ファインダーをのぞき必死に探しましたが、一向に主鏡に入りません。寒くて寒くて凍えそうだったため、先生も含めてクラブ仲間は学校に入ってしまったのです。私はなんとか踏みとどまり探し続け、間もなくオリオン座大星雲をついにとらえたのです。(長く一緒に馬頭暗黒星雲も見たと信じていたのですが、最近いろいろ調べたところ、眼視では見えないと書かれており、長く勘違いしていたのだと分かりました。)私は大声で先生たちを呼び、大きな感動を得ました。

その時から、オリオンの大ファンになったのです。その時は(ちょうど60年前です。)オリオン座のα星(星座の中で最も明るい星)は、左上のベテルギュウスで、β星が右下のリゲルで、共に1等星でした。しかし、今、ワンちゃんと散歩しながら時折晴れた夜に、オリオンを見ると、明らかにベテルギュウスの光度が暗くなっているのが分かります。右側の当時γ星(2等星)よりも暗くなっている感じがします。赤いベテルギュウスに何があったのでしょうか。ベテルギュウスまでの距離は700光年といいますから、今から700年前に起きたことは確かですが、年老いた星ということで、恒星の最後に向かっているのでしょうか。元々変光星だったそうですが、これほどの光度の減少はこれまで観測されたことはなかったようです。

宇宙についてまだ全く未知の時代には、天空の変化(例えば彗星の出現)は、災いの前兆と言われたりしました。しかし、天文学の世界では、ベテルギュウスは近未来(10万年以内)に爆発することが予測されています。それにしても、大きな恒星のこれほどの光度の減少に出会ったことは、幸運?と言えるのかどうかは不明ですが、宇宙の不可思議さに老いた身ながらも心ひかれ、あちこちをひもといているところです。一切、他を寄せ付けないため、暗くなってからしか散歩に出れない我が家のワンちゃんに心から感謝しています。

祖父について

祖父とは、実際の血はつながっていなかった(祖父母には子どもができず、祖母の姉の子を養子にし、それが私の母でした。私の母が小さかった時,遊びにつれていったいったところ、祖父から離れようとしなかったためとのことです。)のですが、私を大変可愛がってくれました。祖父は無口で、曲がったことが嫌いで、タバコ・バクチなどを嫌っておりました。私なども変なことをして、祖父に何度かぶっ飛ばされたことがあります。祖父は根っからのお百姓さんで、小さな田んぼ(3反3畝)と広くない畑を慈しむように耕し、作物をこしらえておりました。祖父と一緒に畑まで肥え桶(糞尿)を担いでいったこともあります。その重さは半端でありませんでした。米作りは私の父の力も借りたと思うのですが、いい米を我が家で食べる分と少しの供出分を作っておりました。長芋の作り方も一級で全く傷をつけずに掘り出し、自慢の一つだったようです。秋には、きのこを取りに山に出かけ、巨大な鳶ダケをよくとってきたり、その時出会ったまむしなども家の中で乾燥させてもおりました。祖父はその場所を誰にも教えず亡くなりました。(これは村のきのこ取りの慣習です。)祖父は無類の酒好きで、祖母は料理と酒造りの名手でした。そうした意味では、祖父は幸せだったのではないでしょうか。

祖父は明治25年産まれで、名前は兵吉(ひょうきち)で、明治時代に産まれたことを色濃く残していたと思います。若い時、朝鮮出兵で朝鮮に渡ったのですが、「蛮族から朝鮮の人たちを守った。」と、当時の国家の言い分をそのままに考えていたようです。教師だった父が村の学校から転勤し、町の小学校に移ったのを契機に、昭和40年(1965年)に町に引っ越しました。祖父の田畑の多くは親戚に譲り、残った場所だけ、祖父はバスで通ってわずかな作物を作っておりました。無口で人付き合いもあまりよくなかった(実際は多くの人に好かれていたようです。)祖父ですが、やはり寂しかったようです。それからおよそ6年後に79歳で亡くなりました。祖父の具合が悪いというので、東京(その時は私は東京に住んでいました。)から帰ったのですが、嬉しかったようで、「進、死ぬところだ。」といって、ビールを少し飲みました。それから1ヶ月後くらい後に亡くなりました。その死にも立ち会わず、今でも申し訳ないと思っています。

祖父の兄弟は跡継ぎを残して、皆北海道にわたりました。その中で一人だけ成功し、網走に近い場所でホテルをやっていた甥がおりました。その甥の方が、時々秋田にやってきて祖父と語りあっておりました。その時は、表情の少なかった祖父も嬉しそうでした。残念ながら、祖父を北海道に連れていくことは出来なかったのですが、その後、父が甥御さんと交流し、何度か行き来をしたのは、祖父への供養でもあるのではないでしょうか。そのホテルは甥の方が亡くなった後に閉鎖し、甥の子どもさんたちは札幌で暮らしております。甥の子どもさんたちは、人がうらやむほど仲良しでしたが、長男が昨年亡くなり(私と同い年でした。)、家族、姉妹は悲嘆にくれておりますが、家族の結びつきの素晴らしさを教えてくれました。祖父の係累は、今もしっかりと北海道に根を張って暮らしております。

祖父の人生については知っていることは少ないのですが、生を受け、亡くなっていく人間の生業(なりわい)のようなものを教えてくれたと思っています。

保育士さんのすごさに感動

秋田も寒くなりました。寒くなった今日(2019年10月9日)、グリーンローズ保育園とオリブ園の合同の避難訓練がありました。火災想定の避難だったので、急いで外に出て、近くの公園までの避難でした。保育園は、0、1、2才児をつれて、公園に避難でしたが、外気の寒さに合わせて、上着や靴下をひっくるめて持参し、寒い感じのため、公園にて上着を着せ、靴下をはかせておりました。その中の保育士さんの一人が、靴下の匂いを嗅いでおりました。思わず「どうして靴下の匂いを嗅いだんですか?」と聞きましたところ、「みんなのを合わせて持ってきたので、誰のかが分からなくて、匂いを嗅いだんです。」との答えが返って来ました。思わず驚愕してしまいました。靴下の匂いからその赤ちゃんをマッチングさせる、すごい技と思ってしまいました。それは保育士さんにとっては当たり前のことなのかもしれませんが、プロを感じさせられました。こうした技がいつの間にか自然に身についたのでしょうか?それとも意図的に学習していたのでしょうか?。後で聞いてみたいものです。

私たち(私は言語聴覚士ですが)も子どもを相手にし、こうしたプロを感じさせるものはなんだろうと考えさせられてしまいました。私は、子どもたちと長くつきあってきて、子どもたちがこちらに注目する手立てをいつも考えてきました。その一番は何といっても、子どもをしっかり見ることだと思うようになりました。そうすると、子どもたちはこちらに関心を間違いなく持ちます。多くの大人の人たちは通常、子どもをしっかり見ることは、なぜか少ないように思います。そのため、子どもはよく見る大人をめずらしく思い、「珍しい人がいる。」と考え、自然に関心をもつのではと、思うようになりました。これがプロの技といえるかどうかは不明ですが、子どもに関心をもたれるための技として、これから子どもたちと関わる若い方々に伝えたいと思います。

しかし、子どもたちの中には、見られることを嫌がる(こわがる、避ける等々)の子どもたちもおります。子どもを見つめると、一瞬でこの子どもたちについて理解できます。その時は、ただちに見ないようにし、かたわらに何気なく居ることが子どもの関心を呼びます。これも一つの技ではあると思います。

これらは、誰でも分かることなのかもしれませんが、それぞれの技に様々なバリエーションもあることも付け加え、若い人たちに伝えたいと思っています。