川端利彦先生追悼

昨年から今年にかけて、私にとって大切な方々が亡くなられ、大きく落ち込んでおります。その方々は、私にとって大切な方々ですが、この社会にとっても大切な方々でした。残念でなりません。この場をお借りして追悼のことばを述べさせていただきます。

川端利彦先生2015年3月24日逝去(87歳)

大阪市生まれ。1955年京都大学医学部卒業。1959年より大阪赤十字病院精神神経科勤務。20年余にわたり児童青年精神医学会理事および「子どもの人権に関する委員会」委員長を務める。

川 端利彦先生は、私たちに子どもの見方を教えて下さった方でした。その子どもへのまなざしや、子どもの立場に立つ事を徹底された方でした。「ひとりひとりの 子ども」—精神科医のみた子どもの世界—にはその心が存分に出ていると思います。大阪日赤の児童精神科に長く勤められ、多くの子どもたちを診てこられまし た。子どもの益になっているのか?その問が川端先生のことばとなって私たちの心を打ちます。そう考えると、目から鱗のような感じで子どもの世界が見えるの は私だけでしょうか?秋田にも2度程来ていただきました。そのたびに驚くべきお話をして下さり、そのお話がしだいに社会の中で現実化して行く事を目の当たりにし ました。抗けいれん剤のこと、脳波に異常があれば、発作がなくてもあたりまえに抗けいれ剤が処方された時代に疑問を呈した事。自立が他の人に迷惑をかけな いという定義が社会の通念だった当時に、どんなに手がかかったり、多くの支援の手を必要としていても、地域社会に受け入れられている事が自立だとお話しされた事です。時代はまだまだですが、その方向をめざしているのは 確かとなっています。その慧眼に深く心を打たれたものでした。ここに哀悼の意と感謝を述べさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です